ベビー

赤ちゃんの便秘は水分摂取量が直接的に関係している

安全に飲めるために

赤ちゃん

ある程度までは煮沸

生まれたばかりの赤ちゃんは、体が小さいだけでなく、腸などの内臓も未発達の状態です。そのため、生まれてしばらくは基本的に母乳やミルクだけを飲んで成長していきますが、生後1ヶ月以降に成ると、白湯だけでなく麦茶なども飲ませることは可能です。白湯や麦茶を作る時には、必ず水を沸騰させたものを使うことが大切です。なぜなら、水道水には微量ながらも塩素が含まれているからです。塩素は沸騰させることによって除去することができます。また沸騰させれば、余計な雑菌なども無くなりますので、赤ちゃんの体内に入っても負担のない状態で消化することができます。このことは、1歳程度になるまでは行うべきことであり、どんな赤ちゃんにも今後必須となることだと予測されます。

ストックをしておく

ミルクなどを1日に頻繁に飲む時期の赤ちゃん用がいる家庭では、欲しがるたびに作るのは大変なことです。そのような場合は、2〜3回分の白湯をストックしておくと楽になります。但し、あまりに多く作っておくと、水の質も低下してしまうので、適量を保存しておくのが良いです。また最近では、赤ちゃん専用の水が市販されるようになりました。大きなペットボトルに入っているものもありますので、すぐに使いたい時のために何本かストックしておくと、大変便利です。また、外出用に小さい物をカバンに入れておくのも良いです。さらに注目を浴びているのが、ウォーターサーバーです。最近人気を集めており、沸騰させる手間なく、赤ちゃんに適した温度の水をすぐに出すことができるのが理由です。

Copyright© 2016 赤ちゃんの便秘は水分摂取量が直接的に関係している All Rights Reserved.