ベビー

赤ちゃんの便秘は水分摂取量が直接的に関係している

安全な飲み物

ミルクを飲む乳児

小さい子供ほど危険が多い

2011年の大地震では、地震の被害よりもそれに伴って起きた原発事故が、広範囲に影響を与えています。特に、大気中に放出された放射性物質の量が極めて多いこともあり、食品や水など口から摂取するものの中の放射性物質で内部被曝の危険があります。特に、赤ちゃんのような小さい子供のほうが、成人よりも内部被曝の影響が何倍も何十倍も大きいですから、親としてみれば食品や水には気を使わなければならないでしょう。赤ちゃんに与える水に関しては、放射性物質による汚染以外にも水道水に含まれる塩素やカルキなどの有害物質も気になるところです。それでは、どんな水を赤ちゃんに与えたら良いのかといいますと、真っ先に思い浮かぶのは市販のミネラルウォータではないでしょうか。

新しいサービス

市販のミネラルウォーターは、価格はともかくとして、運ぶのに労力がいりますし、通販などで購入したとしても冷やしたり沸かしたりの面倒があります。そこで、利用したいのがウォーターサーバーという安全な水を供給してくれるサービスです。これは、サーバーという機器を家庭内に設置して、そこへ水ボトルをセットするだけで、いつでも温冷水を利用できるサービスです。このサービスでは、サーバーはレンタルが一般的で、無料か格安で借りれます。また、ボトルは家庭まで配達してくれますので、ほとんど手間がかかりません。また、コスト的にみましてもミネラルウォーターを購入するのとさほど変わらないといいます。ウォーターサーバーで赤ちゃんのみならず家族のみんなが安全な水を飲めるでしょう。

Copyright© 2016 赤ちゃんの便秘は水分摂取量が直接的に関係している All Rights Reserved.